’71年生・中部地方在住新米かあちゃんの“ケセラセラ”な日常


by ririshihaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

紅白とNHK

咳が止まりません。よくまぁ、出しても出してもこんなに出るものがあるなぁと変に感心してしまうほどです。

新しい年が明け、またもや高校時代の友達からメール。感謝。彼女自身も子育てと仕事で慌しい毎日なのに、私のことまで気にかけてくれたことが本当にうれしかった。多感な学生時代を一緒に過ごした友達というのは、やっぱり何か特別なものなのだろうか。あの頃は、パソコンも携帯もなく、ある意味“生身のコミュニケーション”だったからかもしれない。

そして、昨日、またまたおめでたい話が。大学時代の親友も2人目を妊娠したという。予定日からすると、私とひと月違いの同級生になりそうだ。しかも、彼女の昨年結婚した妹さんも同じ頃が予定日とか。実家のお父さん、お母さんは、さぞかしうれしいやら、(同時に里帰りした日には)戦々恐々やら、だろうなぁ(笑)。

さて、話は戻って。大晦日、久しぶりに紅白をじっくり見ました。最初のほうは夕食を食べていたのでラジオで聴いていました(平原綾香が見られなかったのはちょっと残念)。おとといだったか「とくダネ」で小倉さんが「紅白はつまんなかった」と言っていましたが、私は「歌がじっくり聴けていつもよりよかった」と思っています。民放の人からすれば、司会のみのさんが生かされていなかった、とかいろいろ不満はあると思うけれど、民放と同じことをしないからNHKなのだと思うのです。むしろ、NHKが中途半端にみのさんを起用したことのほうに問題があると思います。民放とは違って、きちんと話せて品のあるアナウンサーがたくさんいるのだから、自局のアナウンサーを使ってとことんNHKらしくやればいいのです。そして、民放の人たちは自分たちから見れば「つまんなかった」と思える紅白が、最近には珍しく40%を越える視聴率を取ったという「事実」と、「演出が古い」と言われながらも、あれだけ数多くの歌手が出演するという「事実」をきちんと認めるべきではないでしょうか。NHKは腐ってもNHKなのです。ついでにいうと、私はNHKの民法化には反対です。NHKが視聴率優先の番組作りを考え始めたら、日本のテレビは終わりだと思います。もっとその点に誇りを持って、受信料を払わないところはNHKが見られないようにするくらいにしてもいいと思っています。

これからの高齢化社会、効果音や過剰な演出、きちんと話もできないのに、ルックスや過剰な肌の露出にばかり気が向く「女子アナ」のわけのわからないコメントよりも、きちんとわかりやすく「伝える」ことができるNHKは、今こそ復活のチャンスだと思うのだけどなぁ。ピンチはチャンスだ。
[PR]
by ririshihaori | 2006-01-06 11:24 | 暮らし