’71年生・中部地方在住新米かあちゃんの“ケセラセラ”な日常


by ririshihaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

戦争

ちょっと前に「男たちの大和」を見ました。子どもを思う親の気持ち、親を思う子どもの気持ち、部下を思う上官の気持ち、死んでいく兵士も生き残った兵士も苦しいetc.心の描写が過剰な演出なしに表現されていて、心の核にジーンと響く作品でした。戦争で大切な人を守ることはできないってことも、改めて思いました。子どもも大人も多くの人に見てほしいです。激しいシーンが結構長くて、胎教には???だったけど(笑)。

日本という「世界」で、いま戦争は起きていない。単一民族ではないし、例えば北海道と沖縄を見ても、ことば(方言)も文化も違う。宗教も思想もそれぞれ違う。各都道府県にトップ(知事)もいる。過去には地域同士で戦の歴史もある。

じゃあ、なぜ世界では戦争が起きるのか。世界も日本という「世界」と同じように考えれば、戦争は起きないはずじゃないか。いろいろな民族がいて、それぞれの国にトップがいて、戦争の歴史もあって、ことばも文化も宗教も思想も違うのは、日本という「世界」と同じじゃないか。

互いの違いを認めて、互いに足りないものは分け与える。日本の中の岐阜県に住んでいるというのと同じように、地球の中の日本という国にいると思えば、何かが変わらないか?

戦争で利益を得る人は、戦争の前線には出て行かない。
[PR]
by ririshihaori | 2006-02-22 09:20 | 暮らし