’71年生・中部地方在住新米かあちゃんの“ケセラセラ”な日常


by ririshihaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

とーちゃん、初めてのご対面

昨日、助産師外来に行きました。エコーをいつもよりじっくり見ることができたり、バースプランや気になること(へその上下にずんずんのびていく線は何なの?とか)を相談したり…助産師さんと30分ぐらいじっくり話せました。とっても気さくな助産師さんだったので、思い切って胎盤を食べることについても聞いてみました。地方(沖縄?)によってはそういう風習もあるけれど、この辺で食べるというのは聞いたことがないという話でした。腰が痛いので、分娩台であおむけで産むのはたぶんツラいしリラックスできないから、状況によっては横向きで産ませてもらうこと、へその緒を自分(と相方)で切ること、陣痛室では自分の好きなCDをかけさせてもらうことなどもOKしてもらえました。

助産師外来は今年から始まったそうで、その様子を記録に残したいとかで、助産師さんが私の腹にエコーを当てているところを撮影されてしまった。手タレならぬ、“腹タレ”デビューです。顔も少し入っているので、顔と腹どちらかならいいけど、両方写っているというのは少し恥ずかしい気分。そのうち、診察室に貼られたりするらしいので、近所の人とか、知っている人に見つからなきゃいいけど…(笑)。

そして、そのエコーを初めてビデオに録画してもらいました。

夜、同僚の先生と焼肉を食べ、ほろ酔い気分で帰ってきた相方は、焼酎片手にハラコと初めてのご対面。助産師さんに教えてもらったことを、これが顔で、足で、心臓で、などと、あやしい記憶をたどりながら解説する私。ハラコ、指しゃぶりどころか、腕までしゃぶってるし、やたらと口をパクパクさせている…あらら。親に似て食い意地が張っているのか!?目は丸く真っ黒で、まるで異星人。「ワレワレハ…」などど何かしゃべっているような感じで、我が子ながら正直奇妙です。それでも、相方は動くハラコを見て少しだけ実感が持てたようでした。

父親は胎動も感じないし、なかなか実感がわかなさそう。でも、種まくだけなんてねぇ…少しずつ実感してもらわないと!
[PR]
by ririshihaori | 2006-04-22 17:14 | 暮らし