’71年生・中部地方在住新米かあちゃんの“ケセラセラ”な日常


by ririshihaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

真っ白

昨日から何も予定がない手帳。予定日まで残り2週間。

水曜日、中国語の友達2人が我が家の方まで来てくれて、近所のイタリア食堂で12時過ぎにランチ(2週間前にもパツンパツンのお腹で行ったので、オーナーシェフの奥さんに「もう生まれたかと思った」と言われた…笑)。その後、場所をカフェにうつして、ドリンクをおかわりまでしておしゃべり大会。店を出たのは何と夜8時!でした。あまりに楽しくて8時間も過ぎたなんてちっとも感じなかった。きっと、店のお兄さんは「あんな腹でよく居座ってるなぁ」と思ってたんじゃないかな(笑)。

木曜日は出産前最後の中国語へ。先生が夏休みいっぱい上海に帰省するので、ちょうどいい区切りでした。一緒に受けている人が「ひとりだと寂しいから早く帰ってきて」と言ってくれて、テキストの続きは私が復活するまで残しておく(それまでは他のテキストで復習するつもりらしい…)、と。ありがたいお言葉。子どもの首がすわったら、気分転換を兼ねて復活したい!午後はマタニティビクス。お腹はこれでもかーっってほど出ているのにまだまだ動ける。ってことは出てくるのはまだまだ先か。親に似てハラコものんびりしているのかも。相変わらず、人の腹の中で自由自在に踊っているし。その2日前の検診で、頭は骨盤に入っているけど子宮口がまだ全然開いていないと先生。病院の母親学級でずっと一緒だったママ友1号(?)の人は、予定日4日前なのにまだ頭が下がっていないらしく、私より必死になって動いている。私より予定日が10日早いけど、もしかしたら同じ頃になるかもねーなんて言いながら。もし本当にそうなったら、入院生活もより楽しくなりそうだ。

いつ出てくるかはハラコの気分次第だけど、出てきた瞬間からコロッと生活が変わるんだもんねぇ。不思議な感じ。生まれたらしばらくできなくなることもたくさんあるけど、生まれたからできることもきっとたくさんあるんだろうから、のんびりマイペースで楽しんでいきたい。市の母親学級で助産師さんが言っていたことばを励みに。
「赤ちゃんが0歳なら、お母さんも0歳。最初から何もかもうまくはいきません」

ところで、私は密かに双子狙いで結局単胎妊娠したわけだけど、私の願いは思わぬところへ届いてしまった!何と、義妹(相方の弟のお嫁さん)が2人目を双子で妊娠!身近に双子はいないからただただビックリ。双子にもいろいろなタイプがあって、義妹の場合は部屋は2つで、1つの胎盤を2人で共有しているらしく、結構大変そうなのだ。おまけに、彼女のお姉さんも同じ頃に出産予定らしくて、義妹は2歳のおてんばな娘を連れて、自分の実家ではなくダンナの実家(=相方の実家)に里帰りすることになり、義父も義母も「うれしい」という気持ちを通り越して、「どこで産むのがいいか」、「離れを使いやすいように手を入れたほうがいいんじゃないか」とあたふたしている。今年は戌年だからか、もう一人の義妹(私の実弟のお嫁さん)や友達を含めて周囲はこの夏から年末にかけて出産ラッシュ。「少子化」なんてどこへやら、である。

みんな、犬並みに安産で無事に生まれんことを願って…。
[PR]
by ririshihaori | 2006-07-22 09:56 | 暮らし