’71年生・中部地方在住新米かあちゃんの“ケセラセラ”な日常


by ririshihaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:未分類( 6 )

新しい一歩

今年は、私にとっても大きな転機の年になりつつありますが、周りの人にとっても転機の年になりつつあります。私の妊娠がわかった頃、体の不調が発覚した義父は、ノーアルコール、低カロリーの食生活に変わりました。定年後に引き受けた仕事も3月で任期満了です。そして、軽いうつで仕事をやめていた妹は、年明けから、少しずつですが新しい仕事を始めた様子。義父にも、妹にも、無理をせず、1日1日を楽しく過ごしてくれるといいなと願っています。

妹のうつは「軽い」と言われつつも、ハタから見ていて想像以上に深刻でした。それは顔の表情(とくに目つき)に表れていました。ひどいときには、週に何度も心療内科へ行き(行くことで安心するらしい)、何種類もの薬に加え、点滴(私は「ビタミンカクテル」と呼んでいた)も受けていたようです。

でも、妹の調子がよくなるきっかけは、薬以上に、人との出会いにありました。どうやって出会ったのかは知りませんが、オーストラリア人のお医者さんと友達になってから、妹の表情は少しずつ変わってきました。元々語学が好きなこともあって英語を教えてもらったり、医療事務をしていたので医療に関する共通の話題があること、何よりも、自分をありのまま受け入れてくれたこと、自分にもいいところがあるということを改めて気づかせてくれたことが大きかったみたい。家族の支え、見守りも大切だけど、ときには家族だからこそ言えないこと、家族のことばだからこそ素直に聞けないこともあるでしょう。そういうとき、友達の存在って大きいし、ありがたいと思います。

妹はその友達に「僕ならそんなに薬を処方しない」と言われたそうです。おそらく、妹の状態と薬の効果、副作用を照らし合わせての意見だったのだろうと思います。医療に対する考え方は人によっても、国によってもさまざま。妹にとっては彼がいいセカンドオピニオンになったのかもしれません。彼はいま香港に住んでいますが、日本の大学に入り、日本で医師の資格を取るために頑張っているそうです。そういう前向きな部分に刺激を受けたのか、妹は通信講座でヘルパーの資格を取り、今月から老人ホームで働いています。経験を積んだ後には、福祉士の資格を取るつもりのようです。偶然、昨秋結婚した弟のお嫁さんも福祉士で、高齢者施設で働いているので、いろいろ話ができるよう。

出会いって偶然じゃなくて、やっぱり必然なんでしょうね。妹がそのお医者さんと出会ったことも、弟のお嫁さんが福祉士だったことも。前向きでパワーのある“気”のようなものを放っている人との出会いは、自分にも一歩を踏み出すパワーを与えてくれる。自分が自分をあきらめさえしなければ、いつかはいい“気”を持った人との出会いがあり、あきらめてしまったら、出会いも遠ざかる。何となくそんな気がしています。
[PR]
by ririshihaori | 2006-01-26 10:14

あれから11年

阪神淡路大震災のニュースが流れるたびに、大学出てもうそんなにも月日が流れたのね、と思います。あの日は、卒論締め切りの3日前でした。何かとギリギリ嬢な私は、ワンルームの下宿のこたつの中で、早朝からワープロに向かっていました。その時、あの地震が起きたのです。私の住んでいたまちでは震度3だったかな。ひとりでいたこともあって、それでも結構コワい思いをしたことだけは覚えています。

最初のニュースは、倒れてきたタンスで頭をぶってケガ人が出た…のような内容だったのに、それはだんだん加速度的におそろしいものになっていき…あとは、皆さんご存知の通り。

我が家では、寝室からチェストとクローゼットを移動させることを計画中。地震が来たらと思うと、とんでもなく危険な場所で寝ているのです。それと、相方をリーダーに(?)子どもが生まれる前に「家の中から余分なものをなくそう運動」を予定しています。2LDKの小さな住まいなので、工夫して広くするしかありませんが、だからこそいいと思っています。スペースがあればあるほど、余計なものをいつまでも置いておきたくなるから。

どうせ死ぬときは手ぶらなんだしね(笑)。
[PR]
by ririshihaori | 2006-01-17 09:42
昨日から、再びつわりの気持ち悪さが強くなってきた。お腹の中の生き物がまた新しく何かを作り始めたのだろうか。そして、相変わらず甘いものが食べられない。私のつわりは妙に根源的で、水分と塩分は無性に欲しくなる。水と塩は、人間にとってやっぱり最低限必要なものなのねと、変に納得している。

ところで、私には、子どもができても絶対にこれだけはしない、と決めていることがある。それは「子どもにもたれかかって生きる親にはならない」こと。よくありがちなのは、自分ができなかったことを子どもに託す親。「子どものため」と言いながら、子どものふんどしで相撲を取ろうとする親だ。少子化の影響もあるだろうが、最近の子どものおけいこブーム、低年齢化には、親のそんな気持ちが強く働いている気がする。

もちろん、きっかけを与えることは悪くないし、子どもが楽しんでやっていればそれでいいと思う。ただ、それが続かなかったとき、結果的に身につかなかったときに、子どもに無理強いしたり、子どもの努力不足ととらえるのは問題だ。元々、自分でやると決めたわけではないのだから。

それでなくとも、子どもには元々、親を喜ばせようとする「サービス精神」が豊富に備わっている。正月に、もうすぐ2歳になる姪が何度も何度も「カンパーイ」をしたり、ペットボトルの水を何度も飲んでは「プハーッ」と言っていた。「小さなお腹がタプンタプンにならない?」とこちらが心配するほどだ。それを覚えたことがいいかどうかは別として、自分がそれをすると、周りの大人たちが喜んでくれたり笑顔になることがわかったから、何度も何度も繰り返すのだと思う。

子どもに必要以上のサービスを求めると、子どもが疲れてしまうだけだ。最近の子どもが疲れているのは、親が子どもにあれこれ求めすぎるからではないだろうか。私にはいまの子どもが不憫に見えてならない。
[PR]
by ririshihaori | 2006-01-11 09:11
人間のそのときどきの心のあり様は、素直に「顔」に表れると思う。

昨年の夏、ベトナム・ホーチミンでメコン川クルーズを体験したとき、桟橋の先で、川に立ててある丸太(川面から2~3mの高さがある)のてっぺんに登っては、茶色く濁った川に飛び込んで楽しんでいる子どもたちがいた。見た目、小学校低学年くらいだろうか。周りに大人の姿はない。なにせ濁っているので深さはわからないが、飛び込んだ後の子どもたちはどうみても川に浮いていて、川底に足がついている感じではない。日本人である私から見れば、うらやましいような、ちょっとドキドキするような光景だ。私が船の上からカメラを向けているのを知ると、避けるどころか手を振ってきたので、船から下りた後、彼らのところへ寄っていったら、皆我先にと写りにやってきた。デジカメではなく普通の一眼レフなので、自分たちがどう写るかわからないのにだ。

そのときの自然な笑顔がたまらなく心に残って、いまでも忘れられない。それは写真を撮るためだけの「ポーズとしての」笑顔ではない。物的に恵まれた日本人は、私を含めて、写真やビデオを撮ることが好きだが、その中に「心からの笑顔」はどれくらいあるだろうか。そして、何かと行事があるたびに自分の子どもをフィルター越しに追っかけている親たちは、フィルターからは見えない“大切なこと”を忘れてはいないだろうか。年賀状の子どもの写真を見ているうちに、ふとそんなことを思ったのでした。
[PR]
by ririshihaori | 2006-01-08 18:41
実は年末から夫婦でかぜをひいてしまい、咳が中心なので、体力は消耗するし、横になると咳は出るしで、気力だけで起きている毎日でした。元旦は相方の実家で留守番(いつもは、始発に乗って京都の伏見稲荷大社へ初詣に行く)していたのですが、突然太ももの付け根から腰が痛くなって、立ち上がれなくなってしまったりも…。

薬は飲めないけど、風邪で体力を消耗するほうが体によくない気がして、昨日の朝、かかりつけの産婦人科がある総合病院へ電話。「ヴェポラップとイソジンぐらいは使ってもいいですか?」と聞いてみた(実はもう、一度使った後だったのだけど)。大丈夫、と言われて、少し救われた気分に。ただ、相方も咳がひどいので、結局ふたりして休日急病診療所に駆け込んだ。やっぱり、のどは腫れているし、腰が痛いのも風邪のためだと言う。相方は咳止めや抗生物質をもらったが、そこには私が飲める薬がないとのこと。でも、そこで赤ひげ先生に言われたことばにちょっとウルッとしてしまった。「お母さんがしんどいときは、(お母さんは我慢できるかもしれないけれど)赤ちゃんもしんどいんですよ。咳すると、赤ちゃんに酸素がしっかり行き渡らないし、妊婦さんでも飲める薬はあるから、**病院(上の総合病院)にかかっているなら、救急はやっているから、飲める薬をもらったほうがいい」。

で、早速行ったら2時間待ち。しかも、やっとのことで診てくれた先生は若くて頼りなさげ。薬で子どもに影響が出る確立は100分の1で、まずほとんどない(と言えるのか?)こと。風邪は基本的に薬では治らず、自然治癒力で治すしかないことをサラリと話し、咳止めと免疫力を上げる薬を出すこともできるが、どうしますか?という具合。一応、“保険”として両方もらってきたけれど、その「100分の1」に万一自分が当たったら、と思うと、結局飲めずにいる。それでも、イソジンとヴェポラップが少し効いたのか、咳はわずかに少なくなってきた。「ヴィックス ヴェポラップ」は、小さい頃、ぜんそくの気があった私に、寝る前ヒューヒューしていると母親がよく塗ってくれた懐かしい薬だ。

赤ひげ先生が言っていた通り、昨日からは背中も痛くなって、すっかり背中を丸めている。そんな状況だけど、昨日は何とか自分の実家に行って、今唯一食べられる肉料理のしゃぶしゃぶを結構食べることができたし(もちろんポン酢オンリー)、今日は近くの神社に初詣でに行ってきた。一応、安産祈願しとかなきゃってことで。おみくじは「中吉」。お産「(中略)安し」。ホッ。総じて、私も相方も今年は家庭を大切にしたほうがいいらしい。幸い、仕事も周りの助けを得られるとあったので、少し安心した。

子どもを授かったことを、ほとんどの友達には年賀状で報告したので、新年早々、これまた高校時代の友達ママや、岐阜に来てから友達になった先輩パパから電話やメールが届いた。なにしろ、初めてのことでわからないことだらけだし、不安がないわけではないので、こういう友達の存在を改めてありがたいと思ったし、心強い気持ちをもらった。元旦には、相方の弟のお嫁さん(これまた先輩ママ)からも、お祝いに腹帯とウエストまわりがゴムのパンツをもらった。私はいま、匂わない野菜が中心の、あっさり薄味のものしか食べられない毎日だが、義妹は正反対でポテトチップスやらフライドポテトばかり食べていたらしい。いまの時代には珍しく16キロも太ったとか!それでも、いまは元通りのスリムな体型になっているからスゴい。
[PR]
by ririshihaori | 2006-01-03 17:50
しばらくのごぶさたでした。皆さま、お正月をいかがお過ごしでしょうか。私の性格上、マメな更新は無理ですが、今年も懲りずに遊びに来たってください。よろしくお願いします。

忘年会は無事に行ってきました。大学の研究室の先生を囲んで、OB&OGが集まったわけですが、久々にとっても楽しい飲み会でした。参加者の平均年齢が高く(1番若い人で30歳)、ベテランママも何人かいたので、参考になる話も聞けて、とても励みになりました。

ダンナさんの仕事の都合でイギリスに住んでいる高校時代の友達も、お正月休みで帰国してさっそく電話をくれました。彼女も2人の男の子のママで「何でも聞いて!」と心強いメッセージをくれました。

大晦日は毎年恒例、名駅の柳橋市場へ行き、卵巻きやかまぼこ、マグロの刺身などを買い出し。今年は買ってきたものもほとんど食べられなかったんだけど、年の瀬の雰囲気を味わえただけでもよかった。市場内の定食屋で、アナゴの天ぷらを食べられなかったのは残念…。
[PR]
by ririshihaori | 2006-01-03 17:08