’71年生・中部地方在住新米かあちゃんの“ケセラセラ”な日常


by ririshihaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

やっぱり生音はいい!

昨日のコンサート、どちらも素晴らしかったです!

二胡&琴&ピアノのコンサートは、以前取材した、定年後にギャラリー喫茶を始めたご夫婦がイベントにご厚意で招待してくださいました。行ってみると、店内は私たちの母親世代のお客さんでいっぱい。私を見るなり、近くのおばちゃんたちは「何ヵ月?」「このイスのほうが座りやすいんじゃない?」と気を遣ってくれました。そして、終わった後は「いい胎教になったんじゃない?」。二胡の演奏を生でまともに聴いたのは初めて。私がリラックスしているためか、ハラコもさほど動かず静かに聴いているみたいでした。一時期かなり本気で二胡を習おうかと思ったことがありながら結局やらずじまいでしたが、のびやかで心洗われるような音色にまたやってみたくなりました。終盤に「ふるさと」(うさぎ追いしかの山~♪です)を演奏に合わせて歌ったのですが、3番を歌い始めてからなぜか目頭が熱くなってきました。妊娠して涙もろくなったのでしょうか…。

こころざしを はたして
いつの日にか帰らん
山はあおき故郷
水は清き故郷

このコンサート、本当は夜1回だけの予定が、希望者が多くて急遽2回にしたのだそう。おばちゃんたちのいいところは、演奏者に自分の感激や感想を素直に伝えるところ。演奏者の人たちもお客さんの感激がダイレクトに伝わってうれしそう。何より、演奏者の女性は3人とも子どもを育てながら活動しているそうで、だからこそ奏でられる音があるんだろうなと思ったし、エネルギーをもらいました。

テルミンは不思議な音色でした。楽器には指1本触れずに演奏するので、演奏者の感覚だけがたよりです。見ると、2本の金属棒(1本は音程、1本は音の大小。手からの距離で音階や音の大きさが変わっていく)があって電子楽器という感じがするのに、目を閉じて聴くと、木管のような何ともやさしい音色にきこえてくるのです。テルミンはロシアの楽器ですが、世界で一番普及しているのは日本なのだそう。小さなお客さんも不思議そうな顔してじーっと聴いていたので、親子連れでも十分楽しめると思います。機会があったら、ぜひ聴いてみてください。
[PR]
by ririshihaori | 2006-05-27 09:45 | 暮らし
最近の子どものおもちゃを見ていると、子どもがおもちゃで遊んでいる、というより、子どもが(大人も一緒に)おもちゃに“遊ばれている”ように見えて仕方ありません。メーカーから見たら、大人の思惑通りに遊んでくれて(本来、子どもは大人の思惑とは違った楽しみ方を見い出す能力を持っているのに…)、しかもお金を出してもらえるんだからシメシメ…といったところでしょうか。子どもはいま大人たちの“金づる”になっているように私には思えます。

同様に、私たち大人も、同じ人間が作った機械にすっかり振り回されています。モノを選ぶとき、ただ最新のものだからいい、と思って買うのではなくて、それが自分にとって本当に必要なもの(機能)なのか、自分にとって必要最低限のラインはどこなのか(例えば、自分にとってケイタイにテレビがついている必要があるのか?地図を見て目的地に行くことができるのにカーナビをつける必要があるのか?など)をよほど考えないと、自然の一部であり、人間のひとりである自分が本来持っている感性や能力をどんどん失って、ただ機械にあやつられている人間になりそうでコワいです。すでに人間の“機械化”を感じること、そういうシーンに遭遇することが多々あります。

さて、今日はこれから仕事がらみで、二胡&琴&ピアノのコンサート、そして世界最古の電子楽器「テルミン」のコンサートをハシゴします。数ヶ月前、ゴスペルのライブに行ったときは、ハラコが腹の中で暴れまくってスゴかったけれど、今日はどうなることやら。楽しみ♪
[PR]
by ririshihaori | 2006-05-26 14:31 | 思い

mixi

大学の後輩の紹介で、「mixi」(ミクシィ)に入りました。なかなかおもしろそうなのですが、このブログとどう差別化しようか思案中。
[PR]
by ririshihaori | 2006-05-25 16:29 | 暮らし

時間ドロボー

テレビとインターネットは、見始めるとアッという間に時間が過ぎてしまう。だから、必要なものだけ見て、サッサと切ることにしている。もっとも、最近は「見たい!」と思うような番組も少ない。お笑いも話術で楽しませてくれるものは少なくて、何でこの人たちこんなに出てるのか不思議って人も多い。わけのわからない言葉でゴーインに笑いを求めてるって感じがして見ていてツラい。「芸人」を名乗るなら、ちゃんと「芸」を見せてくれ。私たちはセンサーや刺激にワンパターンに反応するおもちゃじゃないんだから…。
[PR]
by ririshihaori | 2006-05-24 08:01 | 思い

オンナの体はスゴい!

「自分の体がハラコにどんどん占拠されて(そのうえ、ズツキやケリやパンチまで入れられて)いるにも関わらず、生きていられるってスゴいよねぇ」と相方に話したら、「その分がなくても(ガリガリになっても)生きていけるってことだよ」と言われた。どういう意味じゃ!何が言いたい?(笑)。確かにそうかもしれないけど、胃や膀胱(派手にクシャミすると大変です)や、内臓のいろんなところが圧迫されているのも確かだから、そのままゴソッと抜けたままでも大丈夫、ってことではないでしょ。期間限定だから耐えられてるだけで…。

とにもかくにも、オンナの体はスゴい!
[PR]
by ririshihaori | 2006-05-20 12:35 | 出産・育児

プレママのある一日

昨日は朝9時から中国語に行って1時間半みっちり中国語漬けになった後に、スーパーへ買い物に。魚売り場でブリの切り身を袋に入れていたら、隣からおばさん(ブラジルの人?)が「100yen?」と英語で尋ねてきた。久々に英語で話しかけられて、そのこと自体にはそれほど動揺はしなかったものの、まだ半ば中国語頭だった私は「対」(Yes)という中国語が出そうだったのをあわててグッと飲み込み、「Yes.1piece 100yen.」(文法的に合っているかどうかはあやしいが、とりあえず通じればいいんです…笑)と言ったら、「Thank you.」と、そのおばさんも1切れ100円の天然ブリを買っていった。

午後からはまたマタニティビクスへ。パツンパツンのジャージとパンパンのTシャツで、汗がポタッと落ちるほどに動いた(太ると汗もよく出る)。何とも爽快な気分。2回目でリズムにのって体を動かすことにも少し慣れたのか、すぐ横で動いているアフタービクスの人につられてあやうくジャンプしそうになり、目の前にいるインストラクターの先生に「今一瞬、自分が妊婦だってこと忘れてたでしょ」と突っ込みを受ける。ハハハ(汗)。もう、手持ちのTシャツ&ジャージで来るのも限界だなぁ…これ以上お腹が出たら、Tシャツが腹から裂けそう。

8ヵ月に入って、ハラコの胎動もますます激しくなってきた。お腹の中で縦揺れ、横揺れ、震度5(経験したことないけど)、ドッカーン、ボッコーンって感じです。昨日はあちこち出かけて、いろんな人に会ったから(声や音を聞いたから)余計に元気だったのかしら?そのうち、ハラコにお腹をグイーッと前に引っ張られて(中から押されて)、自分の意思に関係なく走り出す夢を見そうだわ…。
[PR]
by ririshihaori | 2006-05-19 08:35 | 暮らし
相方が4月から働いている学校には、中国語の先生の息子さんが通っています。この前中国語に行ったとき、「ダンナさんは最近どう?」と聞かれたので、「毎晩11、12時頃に帰ってくるよ」と言ったら、「そんなのおかしいよ。これから赤ちゃんも生まれるんだから体壊されたら困るでしょ。(研究授業が終わったら)早く帰ってくるように言って」と言われました。先生のダンナさまは公務員で、教育関係の部署にお勤めなので、先生たちの勤務状況やおかれている環境をよくご存知です。当然、先生もダンナさまからいろいろと話を聞いています。体を壊して入院したり、精神的に病んでしまい、休職する先生が増えていることも。

「頑張って働いてお金かせいで退職しても、体壊したら意味がない」
私も本当にその通りだと思います。忙しい(ということばは私は好きではないが…)人ほど、食事や健康管理もおろそかになりがちです。私も会社勤めをしていたときは、締め切り前など夜中まで会社にいるようなときに限って、夕食にコンビニ食やインスタントものをよく食べていました。本当は仕事に励んでいる人ほど、食事や健康管理に気をつけなければならないはずなのに…。しかも、うちの相方が退職する頃には、一生懸命仕事しても退職金はゼロでしょう。

先生に言われたことばで最も印象に残ったのは、
「中国人は生活のために仕事をするけど、日本人は仕事のために生活しているような感じがする」。なかなか深いことばです。
[PR]
by ririshihaori | 2006-05-13 11:29 | 思い

マタニティビクス

GW中に調子に乗って食べていたら、3週間で1kgアップしてしまい、おととい妊婦検診で助産師さんにやんわりと注意されてしまった。7ヵ月末で+5.2kg。まだハラコは1.2kgなので、ということは…(汗)。

そこで、今日初めて病院のマタニティビクスに参加してきた。基本的には産後のアフタービクスの人と一緒で結構ハード。一部妊婦と産後の人で動きが変わる(例えば、妊婦さんはジャンプはできないので、かかとだけ上げる)。エアロビクスの経験もない私、案の定、動きが複雑になるにつれて、目の前のインストラクターの動きについて行けない…。足だけだと上手く動けるのに、手の動きも同時につけようとすると、わけがわからなくなってニガ笑い。インストラクターの先生曰く「2,3回やれば慣れるし、間違えたときは笑っちゃえばいいの」。正味30分ぐらい。確かに慣れてくると何とかついて行けるようになって楽しいし、何より久しぶりにいい汗をかいて気分がスカーッとする。何もなければ産む直前まで参加できるらしいので、週1回だが、できる限り参加しよう。

久しぶりにハードに動いたので、帰り道、豆腐屋で買い物ついでに豆乳ソフトを食べてしまった。甘みはなく豆腐そのものの味で後味もさっぱり。あぁ懲りない私…。
[PR]
by ririshihaori | 2006-05-11 19:02 | 暮らし

GWその2

午後2時頃というのは、決まって眠くなります。正常な体内時計はそういうものらしいです。

飲み会の翌日は、ヒルトン名古屋にある中国料理店「王朝」で、初めて「オーダーバイキング」なるものを食べてきました。以前から1度行ってみたかったのです。旅行代わりのちょっとした贅沢。自分で料理を取りに行くバイキングもやっているのですが、「オーダーバイキング」は紙に書かれた約100種類の料理の中から、自分の欲しい料理をチェックして渡すと持ってきてくれるというものです。北京ダックも食べられるし、フカヒレの姿煮も一人1枚限りですがオーダーできます。料理はデザートの杏仁豆腐までどれもおいしかったです。

が、ある程度食べた後、しばらく料理が出てこなくなり、待っている間にお腹がふくらんできちゃった…と思ったら、急にその後から出てくる料理のボリュームが(最初の頃に食べたものより)グンと増えて、せっかくのおいしい料理を残すことになってしまい、庶民の私としては、もったいなくて少し後味が悪いランチになりました。席数の割には、通常のバイキングにオーダーバイキング、コース料理、単品、とメニューが多すぎて、厨房が回り切っていないのではないか…そんなことを感じました。落ち着いて料理を味わうなら、店構えの派手さはありませんが、名鉄グランドホテルにある北京宮廷料理「涵梅舫」のほうがいいかもしれません。いつかここの満漢全席を食べに行きたいものです。

食事の後、豊田にいる高校時代の友達夫婦の家へ。友達も(彼女曰く)私にあやかって、2人目を妊娠中。1歳9ヶ月の息子がいて、以前会ったときにはまだ歩いてもいなかったのに、よく歩き回るし、ニコニコ愛想はいいし、それ以上に驚いたのは、ことばがハッキリしていること。まだ2語会話だが、彼が何を言いたいのかはちゃんとわかる。おやつを食べるとき、決まったイスに座って食べているのも感心した。そこに座らない限りたとえ泣いても食べ物を取り上げてしつけたのだそうだ。

一番驚いたのは帰り際。見送りに出てきてくれたので、「バイバイ」と握手して車に乗り込んだら、その子の顔がだんだん泣き顔になっていく…。エッ?何で?どうしたの?と思うやいなや、「ワーッ、○○ちゃん(自分の名前)も行くー」と大泣き。友達夫婦もビックリしている。こんなことは初めてで、相方とふたり、どうしたらいいものかと驚きつつも発車。あまりに予想外のことに私もなぜかもらい泣きしてしまった。後で友達に聞いたら、私たちが去った後もしばらく号泣していたらしい…。

○○ちゃん、また遊びに行くからね。でも、知らないおじさん、おばさんに、同じようにしてついて行ったらダメだよ(^_^;)
[PR]
by ririshihaori | 2006-05-10 14:42 | 暮らし

GWその1

いつもなら迷わず旅に出ているGWも、今年は近場でおとなしくしていました。

その中で一番楽しかったのが、大学時代の研究室の先生&OBでの飲み会。関東地方に住んでいる後輩が、この秋結婚する相手を連れてこちらに来るというので、お祝いという名目でワイワイやってきました。

さわやかで真面目で、でもちょっと不器用な感じの彼が彼女に言った“プロポーズのことば”は「何があっても どんなときも 一生幸せにするから」(合ってるかな???)だったそう。それを私たちの前で言う彼の誠実な姿がカッコよかったです。プロポーズ、いつ、どこで、何を言われたのかまったく記憶がない私も、覚えておけばよかったなーと思ったほど。

この飲み会では初めて、私の前後1ヵ月に出産する人を合わせて妊婦が3人いたので、妊婦話で盛り上がりました。その場にいた複数の人によると、お腹の出具合から、私はボーズで、あとの2人はムスメ(一人は病院で女の子と言われている)じゃないか、とのこと。誰一人、ムスメとは言ってくれませんでした。ボーズ確定か!?先生に2度もお腹をなでられたから(セクハラ教授ではありません、念のため)何かご利益があるといいな。

卒業して11年もたつのに、こういう会が続けられることが本当にうれしい。みんなそれぞれ先生していたり、仕事していたり、主婦していたり、立場は変わっているのに、(酒の勢いか?)言いたいことを言い合って、そこには“変わらない何か”もあって、ホッとするんですよね。それは、ときどき帰りたくなる故郷のようなものかもしれません。

この日のテーマ(?)だった“めぐり会い”に改めて感謝!
[PR]
by ririshihaori | 2006-05-09 22:04 | 暮らし