’71年生・中部地方在住新米かあちゃんの“ケセラセラ”な日常


by ririshihaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6年ぶり?の再会

今日(昨日)は、中学時代の友達が遊びに来てくれて、久々に楽しくアッという間な時間を過ごしました。学生時代を一緒に過ごした友達っていうのは、長い間会っていなくても、独特の安心感があるというか、いつまでたっても当時のノリで話せるのがいい。

友達2人とは、ちょっと不思議な関係。最近転勤で隣のまちに来たAさんとは、中1・3のときのクラスメート。1年のときはそれほど仲がよかったわけじゃないけど、3年のときは、Aさんの家によく遊びに行ってました。で、もうひとり、Bさんは同じまちの違う中学校だったけれど、中3のとき、初めて入った学習塾で、同じバス(となりまちの塾に通っていたので、スクールバスだったのです)だったのがきっかけで仲良くなりました。で、偶然にもAさんとBさんが同じ高校に入ったので、それぞれに友達が同じ高校だよ、と話したら、(たしか)BさんがAさんを同じ演劇部に誘って…という間柄。だから、学校で3人一緒に過ごしたことはありません。私が出産したことと、家が近くなったAさんと会うようになったことがきっかけで、6年ほど前、(Aさんがつわりで苦しむなか)ヒルトンのランチビュッフェを食べて以来の3人での再会、となりました。

今だから言えるけれど、Bさんとは半年ほど険悪な時期がありました。元々Bさんが片思いしていた人と、私がつきあうことになってしまい…っていう、よくありがちなパターンです。本当は2:2で遊びに行く計画だったのに、友達ともう1人の男子(4歳も年上の人を男子というのは失礼か…)が都合で行けなくなり、私ともう1人の男子は予定通り遊びに行っちゃって。<当時の私たちから見たら、塾のアルバイト講師の大学生は立派な大人。ふたりして、あの先生がいいなんて、妙に浮かれてました。何しに塾に行ってたんだかねぇ(汗)。しかも、自分が大学に入ったら、大学生なんてまだまだ子ども。全然たいしたことなかった(爆)>。Bさんが部活の仲間と飲んでて悪酔いして、ぶち切れて、私の家に怒りの電話をかけてくる…なんてことも何度かありました。後ろでAさんや部活の先輩たちが「もうやめなよ」って友達をなだめてる声なんかも聞こえてきたりして。もちろん携帯電話なんてなかったし、狭い家のこと、近くで母親もチラチラ見てるし、相当気まずかった。そんなことがあっても、友達関係は壊れなかった。きっと私の知らないところで、AさんがBさんにいろいろ言ってくれたのだと思います。

そんな時期を乗り越えた?仲っていうのは、また特別な思いがあります。ちなみに、私がその男子にフラれた<お嫁さんにするとまで言ってくれたのに、おかしいなぁ(爆)>とき、どうしようもなく「今から会って」と泣きつく無謀な私に付き合ってくれ、ウン、ウンと話を聞いてくれ、なだめてくれたのはAさんでした。ふたりには本当に感謝。

今では3人とも結婚し、友達2人はそれぞれ、2人の子持ちに。新米かあちゃんの私は、先輩ママの子どもおもしろエピソードを聞いたり、アドバイスをもらったりしてました。宅配ピザを食べながらおしゃべりしていた時間、何年たっても基本的には変わらない顔がそこにはありました。そんな3人の“おばさん”を観察力の鋭そうな目ででじーっと見ていた子どもたちは、どんなことを感じていたのかしら?
[PR]
by ririshihaori | 2007-06-25 03:36 | 暮らし

無題

何とタイトルをつけたらいいか・・・思い浮かばない。

今日(昨日)、エアロビの後、最近まで来ていた妊婦さんが出産したというので、エアロビ仲間3人で久々に病棟に行った。新生児室をのぞいたら、保育器の中に、助産師さんに写真を撮られている小さな赤ちゃんがひとり。お母さんは個室にいた。帝王切開で昨日出産したばかり、というわりには、ニコニコと元気な様子だった。が、赤ちゃんは間もなく、大きな病院へ連れて行かれる…というところだった。嘔吐があり、血も混じっているのだという。私が見るに、おそらく、体重も2500gには達していない。写真はお母さんが助産師さんにデジカメを預けて、撮ってもらっていたようだった。私たちは「おめでとう!」のことばを心にしまい、「お疲れさまでした」と声を掛けるのが精一杯だった。

先週の今日、予定日を1日過ぎているけど、妊婦検診に来ていて、まだ赤ちゃんが下りてこないでもどかしそうだった、と話を聞いていた。今日、助産師さんは、赤ちゃんが下りてこられない何かがあったのかもしれないね、と話していた。

出産は本当に人それぞれだ。病気ではないけど、お母さんも赤ちゃんも命がけ。私は何とか腹を切らずにすんだけれど、陣痛が急速に進んだときの、あの、自分の下半身が自分のものでないような、いっそのこと切り落としてくれと思ったほどの、あの痛みをまだ覚えている。それに、何とか無事に生まれた赤ちゃんでも、後から何か出てくる場合もある。ボーズの1ヵ月検診に行ったとき、大きな病院の紹介状をもらって、不安そうな顔をしたお父さん、お母さんを私は見た。

そのお母さんは、またアフタービクスに戻るから、と笑顔で言ってくれたが、私は残り2ヵ月を切っている(アフタービクスは子どもが1歳になったら卒業)ので、残念ながら顔を合わせることはないだろう。1日でも1秒でも早く、赤ちゃんが元気になってお母さんの元へ帰ってこられますように。
[PR]
by ririshihaori | 2007-06-22 01:33 | 思い

バブリンガル

何年前だったかな。「バウリンガル」という、犬のことばがわかる機械が話題になったのは。

10ヵ月突入前から、ボーズが急激に語彙を増やし、おしゃべりになってきた。今のところ意味なく言っているように見えるが、種類が結構あるので、「もしかして場に合わせて使ってる?」と思うことがないわけではない。そんなときには何て言っているのか知りたいなぁ、と思う。赤ちゃんのことばがわかる機械があれば…。

でも、、、待てよ。

「母ちゃんの作るボクのマンマは手抜きで、いつも代わりばえがしない」
「母ちゃんはボクのシーシーに気付くのが遅い」
「母ちゃんはボクを心地よくネンネさせるのがヘタだ」

なーんて言われていたら、「こらぁ(舌を巻きながら)、母ちゃんだって、これでも精一杯やっとるんじゃあ!!!」(ボコボコ)なんてことにもなりかねない。

やっぱり、何でもわかればいいってもんじゃない、か。
[PR]
by ririshihaori | 2007-06-21 02:25 | 出産・育児

子どものおもしろがり

相当サボっていてごめんなさい。久々の更新です。

ボーズは9ヵ月半。名前どおりのんびりと、B型だけにマイペースで、日々成長しています。最近は、ひも(私のパーカーのひも、電化製品のコードなど)とカーテン(など、ヒラヒラするもの)がお気に入りです。新聞や雑誌をめくるのも大好き。まだ「ずりばい」ですが、速いスピードであちこち移動しては、空のペットボトルをなぎ倒したり、手の届くものをあさりまくっています。あとは「パパパ」「マンマンマ」「ゲンゲン」など、意味のない、いろいろなことばを発しています。ボーズの今の三種の神器は「ネフ社のガラガラ」「オーボール」「いないいないばあの絵本」です。いないいないばあの絵本は、自分でめくれるようになったのもうれしいみたい。ちょっと前まではめくりたくてもめくれなくてイライラしては、私が1ページめくってやっても、すぐに「おしまい」だった(絵本は1ページだけをめくるのが意外と難しくて、残りを一度に全部めくってしまう)のです(笑)が、毎日、何とか自分でめくろうと自主トレしたり、食べたり(!)しているうちに、紙の側面がボロボロになってきて、めくりやすくなったらしい。

それにしても、子どもは何がおもしろいか大人にはわからないのがおもしろい!こんなことで(?)と思うようなことでウケるのです。この前、ママ友とパスタランチを食べていたとき、私が何気なくフォークをくるくるさせていたら、横でボーズが声を上げて笑い出したのでビックリ。トイレの水が流れる音に合わせて私がジャーッと言ったときや、鼻をかむ音にも反応します(そんなもんにまで反応しなくてよし!こっちが気恥ずかしくなってくるわ…爆)。

暖かくなってきて、ボーズと一緒にお出かけできるようになってきたサクラの頃から、私の気持ちにも少しは余裕ができてきた気がします。これからはもう少しマメに更新できるかも?
[PR]
by ririshihaori | 2007-06-04 03:08 | 出産・育児