’71年生・中部地方在住新米かあちゃんの“ケセラセラ”な日常


by ririshihaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
遊びに来てくださっている皆様、今年もよろしくお願いします。

去年の今頃は、まだ4ヵ月のボーズの世話で精一杯でしたが、今年は新年早々、ダンナにボーズをまかせて、中国語仲間の友達と短時間ながらランチ&お茶できました。買い物と病院と美容院以外で、ボーズを置いて出かけたのは、一昨年末の後輩の結婚式、昨年末のエアロビサークルの忘年会以来3回目。最近は友達と言ってもママ友と会うことしかなかったので、子ども以外の話がいろいろできてとても楽しかったです。あまりにうれしくてしゃべりすぎちゃったかもしれません。一緒にいた友達がブログで「消化不良」と言っていました。ごめん。

さて、この正月はまったく予定通りにいかず、実はドタバタしています。本来は大晦日に私の実家で母、祖母、私&ダンナ、弟&嫁、子ども各家1人ずつが集まり、元旦はダンナの実家でお泊りの予定でした。ところが、ボーズが大晦日の昼前に熱を出し、弟も熱があるというので、結局大晦日には誰も実家へ帰れず。ボーズの熱は夜に39℃を超えたので、受付時間ギリギリの夜中11時に隣の市の急病診療所へ駆け込みました。インフルエンザではなかったけれど、抗生物質と解熱剤をもらいました。待合室では、紅白が終盤を迎え、五木ひろしが「契り」を熱唱していました。車に乗るとどこかから除夜の鐘が聞こえ、元旦は帰りの車の中で迎えました。

元旦は、ダンナの実家にいる、ボーズと同い年のふたごの姪っ子も調子が悪いというので、結局家で過ごしました。ボーズの熱は夜に40℃を超え、ハラハラ…。解熱剤を使いました。翌日は何とか下がったので、午後からダンナの実家へ少しだけ顔を出しました。姪っ子たちもその日病院へ行ったら水ぼうそうだったらしく、離れで隔離されていました。会えたのはふたごの姉、3歳の姪っ子だけでした。その夜、またもや40℃を超えたけれど、解熱剤は使わず、自力で翌日には38℃台に下がりました。で、夕方には平熱になったので4日には私の実家へ。年末年始、ヨーロッパへハネムーンに出ていて、大晦日だったら会えなかった妹夫妻が帰ってきていました。その日は、弟の子どもが調子が悪いというので弟一家は来なかったのだけど、夜家に戻ったら、甥っ子が急性肺炎で入院したと弟からメール。びっくりしました。そして、お風呂に入れようとしたら、ボーズのお腹に細かな発疹がびっしり!もしや…。

予想はビンゴ!突発性発疹でした。昨日、かかりつけの小児科が休みだったので、隣の市の365日診てもらえる小児科へ連れていきました。それも、予約枠いっぱいだったところたまたまキャンセルが入ったらしく、午後からでしたが予約を取ることができました。先生には「典型的ですね」と言われました。いつやるのかな、と思っていましたが、やっとかかって、ある意味安心しました。まだ抵抗力が下がっているせいか、いまもかれこれ3時間以上寝ています。ここ2、3日は外へ出せませんが、それでも少し落ち着いてきました。

そんなこんなで始まった2008年。今年の抱負の一つは、このブログの更新をもう少しマメにすることです。どうぞみなさま、ごひいきに!
[PR]
by ririshihaori | 2008-01-06 16:33 | 暮らし