’71年生・中部地方在住新米かあちゃんの“ケセラセラ”な日常


by ririshihaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

無題

何とタイトルをつけたらいいか・・・思い浮かばない。

今日(昨日)、エアロビの後、最近まで来ていた妊婦さんが出産したというので、エアロビ仲間3人で久々に病棟に行った。新生児室をのぞいたら、保育器の中に、助産師さんに写真を撮られている小さな赤ちゃんがひとり。お母さんは個室にいた。帝王切開で昨日出産したばかり、というわりには、ニコニコと元気な様子だった。が、赤ちゃんは間もなく、大きな病院へ連れて行かれる…というところだった。嘔吐があり、血も混じっているのだという。私が見るに、おそらく、体重も2500gには達していない。写真はお母さんが助産師さんにデジカメを預けて、撮ってもらっていたようだった。私たちは「おめでとう!」のことばを心にしまい、「お疲れさまでした」と声を掛けるのが精一杯だった。

先週の今日、予定日を1日過ぎているけど、妊婦検診に来ていて、まだ赤ちゃんが下りてこないでもどかしそうだった、と話を聞いていた。今日、助産師さんは、赤ちゃんが下りてこられない何かがあったのかもしれないね、と話していた。

出産は本当に人それぞれだ。病気ではないけど、お母さんも赤ちゃんも命がけ。私は何とか腹を切らずにすんだけれど、陣痛が急速に進んだときの、あの、自分の下半身が自分のものでないような、いっそのこと切り落としてくれと思ったほどの、あの痛みをまだ覚えている。それに、何とか無事に生まれた赤ちゃんでも、後から何か出てくる場合もある。ボーズの1ヵ月検診に行ったとき、大きな病院の紹介状をもらって、不安そうな顔をしたお父さん、お母さんを私は見た。

そのお母さんは、またアフタービクスに戻るから、と笑顔で言ってくれたが、私は残り2ヵ月を切っている(アフタービクスは子どもが1歳になったら卒業)ので、残念ながら顔を合わせることはないだろう。1日でも1秒でも早く、赤ちゃんが元気になってお母さんの元へ帰ってこられますように。
[PR]
# by ririshihaori | 2007-06-22 01:33 | 思い

バブリンガル

何年前だったかな。「バウリンガル」という、犬のことばがわかる機械が話題になったのは。

10ヵ月突入前から、ボーズが急激に語彙を増やし、おしゃべりになってきた。今のところ意味なく言っているように見えるが、種類が結構あるので、「もしかして場に合わせて使ってる?」と思うことがないわけではない。そんなときには何て言っているのか知りたいなぁ、と思う。赤ちゃんのことばがわかる機械があれば…。

でも、、、待てよ。

「母ちゃんの作るボクのマンマは手抜きで、いつも代わりばえがしない」
「母ちゃんはボクのシーシーに気付くのが遅い」
「母ちゃんはボクを心地よくネンネさせるのがヘタだ」

なーんて言われていたら、「こらぁ(舌を巻きながら)、母ちゃんだって、これでも精一杯やっとるんじゃあ!!!」(ボコボコ)なんてことにもなりかねない。

やっぱり、何でもわかればいいってもんじゃない、か。
[PR]
# by ririshihaori | 2007-06-21 02:25 | 出産・育児

子どものおもしろがり

相当サボっていてごめんなさい。久々の更新です。

ボーズは9ヵ月半。名前どおりのんびりと、B型だけにマイペースで、日々成長しています。最近は、ひも(私のパーカーのひも、電化製品のコードなど)とカーテン(など、ヒラヒラするもの)がお気に入りです。新聞や雑誌をめくるのも大好き。まだ「ずりばい」ですが、速いスピードであちこち移動しては、空のペットボトルをなぎ倒したり、手の届くものをあさりまくっています。あとは「パパパ」「マンマンマ」「ゲンゲン」など、意味のない、いろいろなことばを発しています。ボーズの今の三種の神器は「ネフ社のガラガラ」「オーボール」「いないいないばあの絵本」です。いないいないばあの絵本は、自分でめくれるようになったのもうれしいみたい。ちょっと前まではめくりたくてもめくれなくてイライラしては、私が1ページめくってやっても、すぐに「おしまい」だった(絵本は1ページだけをめくるのが意外と難しくて、残りを一度に全部めくってしまう)のです(笑)が、毎日、何とか自分でめくろうと自主トレしたり、食べたり(!)しているうちに、紙の側面がボロボロになってきて、めくりやすくなったらしい。

それにしても、子どもは何がおもしろいか大人にはわからないのがおもしろい!こんなことで(?)と思うようなことでウケるのです。この前、ママ友とパスタランチを食べていたとき、私が何気なくフォークをくるくるさせていたら、横でボーズが声を上げて笑い出したのでビックリ。トイレの水が流れる音に合わせて私がジャーッと言ったときや、鼻をかむ音にも反応します(そんなもんにまで反応しなくてよし!こっちが気恥ずかしくなってくるわ…爆)。

暖かくなってきて、ボーズと一緒にお出かけできるようになってきたサクラの頃から、私の気持ちにも少しは余裕ができてきた気がします。これからはもう少しマメに更新できるかも?
[PR]
# by ririshihaori | 2007-06-04 03:08 | 出産・育児

ママ友と初ランチ

早いもので、ボーズももう8ヵ月になりました。今では自由自在に部屋の中をゴロンゴロンと動き回り、手の届くものは何でもひっぱりだしてガサガサと遊んでいます。キッチンに立っていると、いつの間にか足元にいてヒヤッとするのも毎日のこと。とくに包丁や火を使っているときにはドキッとします。

あたたかくなってきて、ボーズを連れてお出かけしたくなってきました。何日も家にこもっていると、やっぱり気分が滅入ってきちゃうので。今月のアタマは、学生時代の友達が遊びに来てくれたので、ボーズをバギーに乗せて、近くの川沿いの桜を見ながら散歩に出かけました。「桜きれいだね~」なんてボーズに話しかけるのですが、バギーの乗り心地がよすぎるのか、ボーズはしばらくたつと寝てしまい、目を覚ましたときには家の前…。初めてのお花見終了。翌週末も相方とやはりバギーで連れて行きましたが、これまた花見せずに終了。車での移動がメインの我が家はベビーカーの必要性をあまり感じなかったこともあって、ボーズの乗り心地を優先し、主に散歩向きにあえて大きくて重たいバギーを選んだけれど、まさかここまでとはね(笑)。

月曜日、病院のアフタービクスで仲良くなったママ友2人と3度目の子ども館へ。外に遊びに行くのもいいのだけれど、まだ歩けないボーズにとっては、屋内のほうが自由に動けて楽しいかも。一緒に遊んだ5ヵ月の女の子が、ニコニコしていてかわいい。ボーズもかわいい女の子は好きみたいでジーッと見てはうれしそうな顔をする。とにかく、若くてきれいなお姉さんが好きなのだ。過去2回より、赤ちゃんの割合が高い感じ。あたたかくなってきたからね。そこには、そのママ友の友達と、そのまた友達も来ていたので、しばらく遊んだ後、近くのミスドでお昼ごはん。大人5人と2歳児3人、0歳児3人の大所帯。短い時間だったけれどとても楽しかったー!これからもっと、ボーズを連れて遊べる場所やイベントを探して、あちこち出かけようと思った次第です。
[PR]
# by ririshihaori | 2007-04-19 08:12 | 出産・育児

決定的瞬間は、まだ

うちのボーズ、ずっと半分まで寝返っていたのですが、おとといの朝、歯を磨いて居間に戻ってきたら、ベビージムの上でいつの間にか寝返ってニコニコしていました。でも、ベビージムのバーがじゃまで、寝返り返しができずにグズグズ。寝返り返しのほうが先にできていたのです。うつぶせにすると、すぐにゴロンとあお向けになるので、うつぶせが嫌いなのかな、なんて思っていました。そして昨日の夕方。これまたテレビ(「ナースのお仕事3」)に夢中になっていて、ふと横を見たら、いつの間にやら…。寝返る瞬間を見たいゾ。

先週、公園デビューならぬ子ども館デビューしてから、周りの子どもたちに刺激を受けたのか、さらに動きが活発になってはいたのです。これで、ベビージム(布製)が壊されるのも時間の問題かもしれません。あと1週間で7ヵ月です。
[PR]
# by ririshihaori | 2007-03-07 01:36 | 出産・育児