’71年生・中部地方在住新米かあちゃんの“ケセラセラ”な日常


by ririshihaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

おむつで泣いてるの?

我が家では最初の2ヵ月は紙おむつ(「グーン」:薬局で実際に見本に触ってみたら、コレが1番肌触りがいいように感じたので)オンリーでしたが、ボーズの世話に少し慣れた頃から、おでかけのときと夜以外はなるべく布おむつを使うようにしています。と言っても、私たちがしていた輪っかのではなく、成形オムツといって、紙おむつと同じような形になっているもの。だから、本当にパカッと当てて、カバーをしておしまい、のラクラク布おむつなのです。何が何でも布おむつでなければ…と気合いを入れたわけじゃありません。相方に面倒を見ていてもらうときも紙おむつだし。きっかけは、私が月のもののときに使うナプキンが心地よくないとずーっと思っていて、布ナプキンを使うことを考えていた(試しに1枚手に入れたとたんに妊娠したので、残念ながらまだ使ったことはない)から。

何となく感じているのは、紙おむつは吸収力がいいせいか、なかなか泣いてくれない気がします。長時間したままだと肌が荒れちゃうと思って、泣く前に私が先に替えてしまうというのもあるのかな。じゃあ、布おむつはどうか、というと、これまた「おむつが濡れたよー」と泣いているのかどうかいまだにわからないのです。ただ、泣いたらおむつを見るようにはして、すると大抵濡れているのでおむつだったのかな、という程度。あとは、1日に泣く回数が多くなったかな。

おむつについてはいろいろな意見やウワサがありますね。例えば、紙おむつメーカーの社宅には布オムツが干してあるとか。もう一つ気になっているのは、紙おむつがボケの原因になるという話。病院などで、介助してもらえば何とか自分でトイレに行けるという人でも、介助する側は呼ばれるたびに行かなければならないし、他の仕事もあって、すぐに行けるとは限らない。紙おむつをしてもらえば、介助する側の都合で、決まった時間に取り替えに行けばすむので、紙おむつを使ってもらうことになる。紙おむつをあてられた人は、用を足してすぐは温かいのだけれど、時間とともにだんだん冷たくなり、気持ちが悪くなっていく…。それを忘れるためにボケていくのだという説をどこかで読んで、考えさせられました。

あ、ボーズが泣き出した! では。
[PR]
# by ririshihaori | 2007-02-08 12:49 | 出産・育児

低温やけど

我が家では夜寝るとき、湯たんぽを使っています。お湯を入れたらとりあえず布団の真ん中あたりに入れておいても、寝るときには足の先のほうへ移動させて寝ています。ところが、日曜日の夜、ボーズを寝かしつけようとして、湯たんぽを移動させずに、いつの間にか一緒に寝てしまって、3時間ぐらいふくらはぎに当たってしまっていたのです!珍しく深夜0時にボーズが泣き出し、目覚めて初めて気がつきました。足がヒリヒリ…。あわててお風呂に行き、しばらく水をかけ、とりあえずガーゼをして就寝。赤いところはともかく、白っぽくなっているところもあるし、低温やけどのほうが時間をかけてじっくり熱が伝わるので見た目以上に皮膚にダメージが加わって、瞬間的にお湯がかかるより厄介と知り、昨日の朝イチで、ボーズを連れて皮膚科に駆け込みました。

先生にも同じようなことを言われました。やけどの深度はすぐにはわからないそうで、とりあえず抗生物質の軟膏を塗り、ガーゼを貼った上から、昨日は一日保冷剤をマメに交換しては当てていました。我慢できないほどではないけど、今もやっぱりヒリヒリします。これから水ぶくれができてかさぶたになって…いけばまだいいらしいのですが。明日、また病院に行くので、どういう状態かがわかるようです。

昨日はボーズもお風呂を我慢してもらったけれど、さすがに2日連続入れないわけにもいかないし、今晩右足を濡らさずにどうやってボーズとお風呂に入ろうか、と思案中です。思いつくのはラップを巻いて…ぐらい。他にいい案があったら教えてください!
[PR]
# by ririshihaori | 2007-02-06 12:39 | 暮らし
この前の日記、ミクシィ(妹経由)で見た母親から電話がかかってきた。「きっと○○くん(ボーズの名前)を見てあげなさい」という意味だと思うよ、と。私自身もそうかもしれないと、とっくに思っている。それを改めて言われて「そうかもね」と素直に言えなかった私。子育てに専念できない自分もいる。「○○さんの奥さん」でも「○○くんのお母さん」でもなく、一個人としての自分の時間、場がほしいと思っている自分もいる。わがまま?欲張り?

そのベースになっているのは、母親が専業主婦だったことに感謝する自分と、そうでない自分。「結婚前にやっていた(保育士)仕事をしたい」と言いながら「年齢的に難しい」と結局やらなかった母親。私はその話を聞くたびに、「本当にやる気あるの?」とも思っていたから。将来同じように、ボーズの前で「あのとき、やりたかったけど…」と言う自分でいたくない。

ミクシィは、紹介制でないこのブログよりも、誰が見ているかわからない…。
[PR]
# by ririshihaori | 2007-02-03 01:46 | 思い

35歳―転換期?

※ミクシィの日記と内容がかぶっています。

出産前までやっていた仕事を来月から復活する予定でした。市の保育所の一時預かりも利用登録して、もうすぐ2月だな…と思っていた矢先、その媒体が来月号を最後に休刊との連絡が!編集サイドも急に上から言われたようで、まさに寝耳に水。

ショック…。マイナーだけど、内容的にはいい媒体だと思っていて、今までやった仕事の中で一番やりがいを感じていて、だからこそ、これだけは産後も続けたいと思っていたのに。

こういう仕事をしているとつくづく感じますが「いい媒体」が必ずしも長く続くとは限らないんですよね。

フリーライターも仕事がなければただのプータローです。今の私の場合は「専業主婦」と言うこともできなくはないですが。

このタイミングでこういうことが起きるというのは、私にとってどういうことなのか。相方も「本でも読んだら」とありがたい(ような、そうでないような)言葉をかけてくれたので、まぁ「時間ができた」と思って、しばらくはボーズと向き合いながらのんびり今後を考えようと思います。考えすぎても先に進めないから、適度に。
[PR]
# by ririshihaori | 2007-01-31 14:18 | しごと
自分の子どもが「いじめる側」になる方が心配です。傍観者としてでも。ときとして、相手やその周囲の人の人生を大きく変えてしまうことになるから。
[PR]
# by ririshihaori | 2007-01-29 13:15 | 思い